吉祥寺北口店

関東圏を中心に展開している「銀座カラー」も人気の脱毛サロンになっています。

 

電車内の広告などでも見かけることがあるのではないでしょうか?クリニックと提携しているので万が一皮膚トラブルがった時でも安心のサロンになっています。

 

脱毛は全身脱毛も部分脱毛もできるのですが、どちらにも通い放題プランがあるのが特徴です。全身と部分の両方が通い放題があるのはなかなか見かけないですからね。

 

こちらでは銀座カラー吉祥寺店のことを紹介します。

 

店舗詳細
営業時間 平日 12:00〜21:00 土日祝 10:00〜19:00
行き方/アクセス 吉祥寺駅北口に出て、右斜め前にある三菱東京銀行UFJ銀行の右側の大通りを直進します。左手にある三井住友信託銀行の先のビレッジ102ビル2階です。
定休日 年中無休
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-8 ビレッジ102ビル 2F

 

銀座カラーの料金プラン

少しでもお値打ちに脱毛したい、というのは誰もが考えることではないでしょうか。お給料が少ないという女性だとなおさらでしょうし、できる限りリーズナブルに施術してもらいたいと考えるのは当然のことです。

 

そんな方におススメしたいのが、銀座カラーの脱毛コースです。

 

とにかく安く脱毛を始めたいという方にピッタリのプランとなっており、全身脱毛し放題で月額6500円になっています。

 

何度でも納得するまで脱毛できますし、しかもこの金額というのは嬉しいですよね。月額6500円くらいの負担だとそこまで大きくありませんし、これなら抵抗なく脱毛にトライできるのではないでしょうか。

 

顔セットコース

銀座カラーが提供している顔セットコースも多くの女性から人気となっているコースです。顔セットは鼻下を合わせた顔全体の脱毛ができるコースになっており、顔全体を綺麗にすることが可能です。

 

気になる料金ですが、月額5400円となっていますからこれもかなりお得ですよね。

 

月額5400円で2ヵ所、各24回の施術となります。顔全体をまとめて脱毛したい方、できるだけお得な価格で脱毛したいという方にもおススメできますね。

 

顔は第一印象にもっとも関わってきますし、脱毛しているのとしていないのとでは印象が大きく変わってきます。

 

銀座カラーの顔脱毛ならお値打ちかつ確実に顔のムダ毛を処理することができるでしょう。ぜひ検討してください。

 

口コミ

5年ほど前になりますが、自己処理が面倒だなとずっと思っていたのもあり、大学生のときに脱毛サロンへ通うようになりました。

 

始めはミュゼに通い始め、ワキとVラインの脱毛がし放題だったので何度か通いました。

 

毛が抜けていく実感もあり、サービスで不満なことはこれといってなかったのですが、一度脱毛を始めたらワキだけでなく全身の毛も気になり始め、どうせやるならツルツルにしたい!と思ったので、それからは銀座カラーに全身脱毛で通っています。

 

銀座カラーを選んだのは、周りの友人らから、「全身をやるなら銀座カラーが一番いいっぽい」という口コミがあったので、友人の紹介がきっかけで契約しました。

 

当時はまだ学生だったのでお金の余裕はもちろんなかったので、全身の9回コースで、恐らく12万円くらいを分割で払ったと思います。

 

その頃は、機械が今のものとは違い、光の照射が一発ずつしかできなくて、とにかく全身をやり終えるのに時間がかかりました。顔以外の全身で、3時間くらいかかっていたので予約もかなり取りづらかったです。

 

また照射する前に塗るジェルが今よりも冷たく、冬に行く脱毛はとにかく寒いというか、冷たくて辛かったです。さらに辛かったのは、VIOの照射です。

 

初めのころはとにかく痛くて痛くて悲鳴をあげそうなほどでした…。何度も通ううちに慣れましたが、自分の体を全てさらけ出すのもなかなか恥ずかしかったです。

 

なので5年ほど前は、時間もかかって、予約が取りづらくて、冷たくて、痛くて…と、毛をなくすのにこんなに我慢しないといけないことが多いのかと思っていました。
2〜3カ月に1回のペースで通い、全体的に今は大分毛がきにならなくなってきました。また全身のし放題のコースが手を出しやすい金額になったので今は残りの回数を気にせずに通っています。

 

最初の頃に我慢でしていたこともほとんど軽減されました。機械が新しくなり、一発ずつしか照射できなかったのが連続でできるようになったので今は全身をやっても1時間ほどで終わります。

 

そのため予約もとりやすくなりました(店舗が増えているということもあるみたいです)。

 

冷たかったジェルも(今も冷たくは感じるのですが)前よりかは軽減しています。今はいろんな脱毛サロンが増えていますが、私はこのまま銀座カラーでツルツルになるまで通いたいなと思っています。

 

 

≫公式サイトはこちらから